ケミカルとノンケミカル日焼け止めは何が違う?メリット・デメリット

ケミカルかノンケミカルか

日焼け止めを選ぶ時、何を基準にしていますか?

これでいいかな?とパッケージのイメージだけでなんとなく日焼け止めを選んでいませんか?

日焼けめには『ケミカル』と『ノンケミカル』があるとは知っているけど、詳しくは知らないという方へ違いを分かりやすく説明します。

どちらもそれぞれメリットとデメリットがあります。

日焼け止めは肌に直接つける物なので、できれば両方の違いを知って選んでいきたいですね!

買った後に塗ってみたらなんだか合わなくって、肌が反応してしまった!なんて事がないように日焼け止めの仕組みについて知っておきましょう!

ケミカルとノンケミカルの違いは一体何?

ノンケミカルとケミカルの違いっていったい何なんですか?
ケミカルっていう言葉は『化学的な』という意味なの。

ケミカルな日焼け止めとは化学物質を使用した日焼け止めの事をいいます。

その反対でノンケミカルの日焼け止めとは化学物質を使用していない日焼け止めの事をいいます。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤とは?

違うよ

日焼止めには紫外線吸収剤紫外線散乱剤の2種類があります。

それぞれ紫外線をブロックする仕組みが違います

紫外線吸収剤と紫外線散乱

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い

ケミカル日焼け止め
紫外線吸収剤=紫外線そのものを吸収して熱などのエネルギーに変換し、肌に紫外線が届くのを防ぐ
ノンケミカル日焼け止め
紫外線散乱剤=酸化チタンなどの天然鉱石などで紫外線を乱反射させて紫外線を防ぐ
そしてこの2つにはどちらもメリットとデメリットがあります。

ケミカル日焼け止め=紫外線吸収剤

メリットデメリット

ケミカルな日焼け止めといえば、焼けないけど肌が荒れるのでは?というイメージがあります。

それではケミカルな日焼け止めのメリットとデメリットはどういった事でしょうか?

メリット
  • 肌になじみやすくつけ心地がよい
  • 白浮きしない、ベタベタしない
  • ここぞという時の紫外線をカットする力が強い
  • 透明タイプだと塗り直しがしやすい
デメリット
  • 敏感肌の人には化学物質なので刺激がある
  • 石油系化学物質に反応しやすい肌の人はアレルギーや炎症を起こすことがある
  • 製品によっては専用のクレンジングが必要(石鹸などで落ちにくい)

ケミカルな日焼け止めは紫外線吸収剤=化学物質で紫外線をブロックしています。

ですので、敏感肌の方や、アレルギーがある方などには刺激が強いため、肌に合わない可能性があります。

ケミカルな日焼け止めは紫外線をブロックする力が強い分、比較的強い化学物質を使用している可能性が高いため日焼け止めで肌荒れをおこす女性も多いですよね。

使い心地として透明で伸びやすいのがケミカルな日焼け止めの特徴です。
補足
吸収した紫外線を熱や赤外線などのエネルギーに変えて放出しますが、その時に皮膚表面でおこる化学反応が皮膚に負担をかけるケースがあります。

ケミカル日焼け止め・代表的な紫外線ブロック成分の表記

代表的な成分はこんなふうに理科の化学実験に出てきそうな表記です。

  • t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
  • パラメトキシケイ皮酸2-エチルヘキシル
  • ジエチルアミノヒドロキシベンゾイル安息香酸ヘキシル

ノンケミカル日焼け止め=紫外線散乱剤

ノンケミメリットデメリット

ノンケミカルの日焼け止めは肌にいいことはもちろんですが、やはりメリットとデメリットがあります。

それではノンケミカル日焼け止めのメリットとデメリットとは?
メリット
  • 肌への刺激が少ない
  • 自然由来の原料が多い
  • 石けんで落ちる
  • 成分によっては子供や赤ちゃんからでも使える
  • 効果が比較的長い
デメリット
  • 汗や水でとれやすい
  • 製品によっては白浮きしたり、ベタベタする場合がある
  • 塗り直しが難しい
  • ケミカル日焼け止めに比べて紫外線カット力が低め

紫外線吸収剤不使用」「ノンケミカル」「ケミカルフリー」「紫外線吸収剤フリー」といった表記がパッケージに記載されています。

今までノンケミカルの日焼け止めは肌にはいいけど、白浮きして使いにくい製品が多くありました。

ですが、最近ではナノ粒子を使用していないのに白浮きしない使い心地がいいメイクの邪魔をしないというノンケミカルの日焼け止めがとても増えました。

何より肌への優しさがあり、子供が使える日焼け止めも多くあるのが特徴です。

ノンケミカル日焼け止め・代表的な紫外線ブロック成分

紫外線散乱剤はこの成分です。

  • 酸化チタン
  • 酸化亜鉛
  • マイカ

ケミカルとノンケミカルな日焼け止め結局どちらがいいの?

使いわけしよう

結局ケミカルの日焼け止めとノンケミカルの日焼け止めはどちらが良いのでしょうか?

ノンケミカルの日焼け止めは基本肌に優しい成分でできています。

ですので、毎日使っても肌に負担をかけないため、日常で普段使いに使っていきたい日焼け止めです。

毎日の生活で肌を傷ませてしまうなんてとてももったいない事ですからね。

ですが、汗や水などで少し落ちてしまいやすい傾向が強く、海水浴やマリンスポーツをする場合などでは少し心配です。

ケミカルな日焼け止めは、落ちにくく、高い紫外線ブロック効果があります

例えば海やプールでのレジャーへ行く時、キャンプなどのアウトドアで紫外線量の多い長時間の外出に適しています。

ケミカル日焼け止めとノンケミカル日焼け止めはその時々のシーンや塗る体の部位ごとに使い分けるなどをおすすめします!

ケミカル・ノンケミカル日焼け止めそれぞれを選ぶ理由とは?

私が選ぶ理由

ケミカル・ノンケミカルの日焼け止めにはそれぞれメリット・デメリットがありました。

それではそれぞれの日焼け止めを選んでいる人はどんな理由で選んでいるのでしょうか?

ケミカルな日焼け止めを選ぶ理由

  • 何よりも肌を焼きたくない!
  • ドラッグストアで簡単に買いたい
  • 使い心地がよくないと困る

という方はケミカルな日焼け止めを選ぶ傾向が強いです。

ノンケミカルな日焼け止めを選ぶ理由

  • 過去にケミカルな日焼け止めで肌が荒れた経験がある
  • 紫外線からだけでなく、化学物質などの薬品からもしっかり肌を守りたい
  • 基本敏感肌で肌が弱い

という方はノンケミカルの日焼け止めを選ぶ傾向が強いです。

何を重視するかによって選ぶ日焼け止めの種類は変わります

あなたは何を重視しますか?

ノンケミカルの日焼け止めってどうやって選べばいいの?という方はこちらのページをどうぞ♪

おすすめも紹介しています。

ノンケミカル日焼け止めの選び方のポイントを徹底解説!おすすめも紹介

2018.08.18

日焼け止めが落ちてなくってシミになる?

ちゃんと落ちるクレンジング

ケミカルな日焼け止めを使用した場合、注意する事はクレンジングです。

ノンケミカルな日焼け止めを使用した場合は肌に優しいミルククレンジングやクリームクレンジングでもメイクは落ちます。

ですが、ケミカルな日焼け止めを使用した場合は肌に優しいクレンジングや石けんでは落ちません

ウォータープルーフの日焼け止めを使っている場合は特に専用のクレンジングなどで落とさないといけません。

キレイに落とさないとかえってシミの原因にもなってしまう事もあります。

肌にメイクが残るというのは1番良くない事ですよね。

それぞれの日焼け止めがきちんと落ちる、合ったクレンジングをしましょう!

まとめ

日焼け止めはできれば年間を通して紫外線をブロックしていくのが肌のためにおすすめです。

毎日使う化粧品だからこそ自分の肌にあった製品を選んでいきたいですよね。

選ぶ』ためには、まず『知っていく事が大切です。

それぞれのメリット・デメリットを確認して、そのシーンに合った日焼け止めを選んでいきたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です