光老化しない毎日を!紫外線・ブルーライト・近赤外線の影響と対策

光老化させない

紫外線は美肌の大敵なのはみんなが知っている常識ですが、実は紫外線だけが肌を老化させるわけではありません。

今は紫外線以外にパソコンやスマホから出るブルーライト、また近赤外線も肌を老化させる原因です。

肌を刺激する外敵からいかにお肌を守るかという事は、肌の美しさを外側から守っていくなら大切な事です。

肌の老化に大きな影響を及ぼすブルーライトや近赤外線の影響について調べてみました。

肌の老化の原因の8割は光老化!

8割多いね

肌の老化のほとんどの原因は年齢を重ねた事によるものだと思っていませんでしたか?

実は肌の老化の自然な老化はたったの2割程度

肌老化の原因の8割は光老化によるものと言われています。

太ももの内側などの日光を浴びにくい部分は肌が白いままでつるんとしていてシワやたるみ、シミなんかは特にありません。

ですが、例えば手の甲など日光を浴びやすい部分は黒く日焼けをしていたり、シミが出てきたりと日差しを浴びない部分に比べて違いがはっきりとわかります。

紫外線を浴びていない肌はきれいな状態を保っているという事はやっぱり大きな影響があるんですね!

日焼けする事より怖いのは長期的な光老化!

日焼けだけを気にしてた

ただ肌が黒くなる日焼けをしてしまうから紫外線が怖いのではありません。

太陽を浴びて本当の意味で怖いのは、徐々に蓄積されておこるシミやシワ、たるみなどの肌の変化です。

それが美肌のために避けたい「光老化です。

では光老化は紫外線だけ気をつけていればよいのでしょうか?

光老化の原因は?紫外線・ブルーライト・近赤外線

光老化が原因となるのは一体どんなものなんでしょうか?

光老化の原因
  1. 紫外線(UV)
  2. 可視光線(ブルーライトなど)
  3. 赤外線(IR)・近赤外線(NIR)

実は光老化の原因は紫外線だけでなく他にブルーライトや近赤外線があります。

この3つが肌にどんな影響があるのでしょうか?

1.紫外線

紫外線には2種類あります。

それぞれの紫外線は肌へどんな影響があるのでしょうか?

UV-B

UV-Bは皮膚の浅い所までしか届きません。

赤くヒリヒリとした日焼けをおこすのがUVーBです。

シミやしわを作ったり、大量に浴びる事で皮膚がんを発生させるといわれています。

UV-A

UV-Aは波長が長く、肌の弾力を保っているエラスチンやコラーゲンを変性させ、皮膚の老化を早めます。

地上に到達する95%はこのUV-Aです。

UV-Aは曇りや窓も通過します。

肌を日焼けさせシミやしわを作るのはUV-B、肌を長期的に老化させるのはUV-Aというわけです。

2.ブルーライトの危険性

スマホ見ちゃう

紫外線が肌に悪いのは知っていましたが、他にも肌を老化させる大きな原因があります。

私たちの生活に今や欠かせない存在のスマホやパソコン。

そのパソコンやスマホからでているのがブルーライトです。

ブルーライトは目に悪いというのはほとんどの方が知っている常識ですが、実は目だけでなく肌の老化にも大きな影響があったんです!

中には1日のうちの何時間もスマホやパソコンを見ているという方もいるかもしれませんよね。

現代に生きる私たちには欠かせない身近にある物から出ているのが恐ろしいですよね。

ブルーライトはシミの原因に!

実はブルーライトは紫外線よりも肌の奥へと届きます。

肌の奥へと届いたブルーライトはUV-Bよりも消えにくい色素沈着を引き起こすと言われています。

色素沈着をひきおこすという事はシミの原因になるという事なのです。

3.近赤外線はシワ・たるみの原因?!

近赤外線

近赤外線は太陽光にも含まれています。

また太陽光以外にはテレビ、パソコン、こたつなどからも出ています。

UV-Aの3倍ほど真皮の奥深くどころか、筋肉にまでに到達するといわれている近赤外線

近赤外線を浴びると肌の細胞内のミトコンドリアにじわじわとダメージを与えます

それによって、肌のコラーゲンが破壊されてシワやたるみをひきおこすという事になります。

近赤外線は糖化を促進する?!

今大きく注目されている糖化は肌の老化の大きな原因の一つです。

近赤外線は肌の「糖化」を促進するといわれています。

糖化は黄ぐすみやしわなどの原因となります。

ムダに光老化しないための対策(ブルーライト・近赤外線編)

原因をさける

光老化の原因となるものは、紫外線だけでなく普段の生活の中にも潜んでいるということがわかりました。

肌の光老化をさけるためには光老化対策をとっていく必要があります。

ではブルーライトや近赤外線にはどんな対策が必要なんでしょうか?

紫外線対策はこちらをページをチェック!

女性は日焼けを気にしすぎ?それでも大切!正しい紫外線対策

2018.08.15

ブルーライトカット・近赤外線カットの日焼け止めを選ぶ

今は紫外線だけをカットするだけの日焼け止めでは肌を守るには足りないんです。

紫外線プラスブルーライト、近赤外線をもブロックしてくれる日焼け止めを選ぶのが肌の光老化をさける事につながります。

日焼け止めを選ぶなら紫外線とブルーライト、近赤外線全てをカットしてくれる高性能な日焼け止めにチェンジしていきませんか?

ブルーライトカット・近赤外線カットのファンデーションを選ぶ

日焼け止めだけでなく、紫外線とブルーライトと近赤外線をカットしてくれるファンデーション(UVパウダー)があります。

日焼け止めの上からのお化粧直しなどに塗るとより効果的。

パソコンの仕事をしている方は日焼け止めとファンデーションでダブルでブロックしていきたいですね!

スマホ・パソコンにはブルーライトカットのフィルムを貼る

パソコンスマホ

1日のうちの長い時間スマホやパソコンを見る機会が多いのであれば、ブルーライトを肌が浴び続ける事になります。

夢中になってスマホやパソコンを見ていたら、肌が光老化していた!なんてもったいない事ですよね。

スマホとパソコンにはできるだけブルーライトカットフィルムを貼りましょう

ブルーライト・近赤外線カットの眼鏡やサングラスをかける

眼鏡

ブルーライトをカットしてくれる眼鏡はよく売り出されていますが、一緒に近赤外線もブロックしてくれる眼鏡があります。

目の周りの皮膚は薄いため、ブルーライトや近赤外線の影響で光老化してしまいやすい部分です。

紫外線カットの基準はUV400の眼鏡を選べば、UV-Aまでカットしてくれます。

補足
サングラスは紫外線透過率のパーセンテージが低いほど紫外線を通しません。

スマホにブルーライトカットアプリを入れる

今はスマホのブルーライトカットをするアプリがあります。

ちょっと画面が暗めにはなりますが、目や肌を守る事を優先して入れてみてもいいかもしれません。

おすすめのブルーライトカットアプリはこちら

超ブルーライト削減
超ブルーライト削減
開発元:SOURCENEXT CORPORATION
無料
posted withアプリーチ
アプリとブルーライトカットフィルムで二重のブロックをする事をおすすめします!

こたつでは寝ない!

こたつで寝てます

こたつでウトウトするとすごく気持ちいいですよね。

テレビを見ながらこたつで寝るのが幸せ~という方は要注意。

近赤外線はこたつからも出ていますよ!

こたつで寝るという事は習慣化しやすいので、肌のためにもできるだけ習慣化しないように気をつけましょう!

窓ガラス越しの紫外線に油断しない

窓ガラス

近赤外線は太陽光にも含まれていています。

家の中や車の中など窓ガラスがあるから大丈夫と油断していませんか?

新幹線や飛行機は窓ガラスがUV加工していますが、遮断するのは骨を強くするビタミンDを合成できるUV-Bだけです。

つまりUV-A、ブルーライトや近赤外線は窓ガラスを通り抜けてしまいます

窓ガラス越しの日光浴は骨を強くしてくれるわけでなく、光老化をするだけというリスクがあります。

乾燥肌の方は要注意!しっかり保湿をする

潤う肌は負けない

肌の薄い方、乾燥肌の方は近赤外線ダメージを受けやすいと考えられます。

特に冬は乾燥で肌のバリア機能が弱くなって紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

近赤外線は熱エネルギーなので、水分や皮脂に覆われた肌の方がダメージを受けにくくなります。

しっかり保湿をして、お肌が常にうるおっている状態を保ってダメージを受けない肌になっていく事が大切です。

まとめ

光老化なんてこわくない

今の光老化の原因は紫外線とブルーライト、近赤外線の3つでした。

紫外線だけを防いでいたら大丈夫!という時代ではなくなってしまいました。

ですが、この3つをできる限り防ぐ事ができれば肌を無駄に光老化させることなく、きれいでいられるという事です。

光老化の原因をブロックして、ムダに光老化をしない毎日を過ごしていきましょう!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です