肌トラブルになりやすいインナードライを治したい!見分け方と9つの改善方法

インナードライ改善方法

今、女性の約7割がインナードライになっているといわれています。

中には自分の肌がインナードライだと気づいていない隠れインナードライの持ち主も多いのです。

またなんと若い男性でインナードライになっている人も増えてきています。

インナードライはそのままにしておくと肌トラブルにつながりやすいため、気づいたら意識してケアしていくことです。

インナードライ?私はインナードライなんでしょうか?

といった方も多いはず。

その場合は自分の肌がインナードライにあてはまるかチェックしてみましょう♪

インナードライ』という言葉なんとなく知っている人も多いと思いますが、実際どんな肌の事なのでしょうか?

このページではインナードライとはどんな肌の事なのか見分け方原因、すぐに取り入れられそうな改善方法などをまとめました。

そもそもインナードライってどんな肌?

インナードライって何?

インナードライとは医学用語ではなく、本当の名前は脂性乾燥肌といいます。

肌が内側が乾燥しているために、肌の水分の蒸発を防ごうと皮脂が過剰に分泌している状態の肌のことをいいます。

乾燥肌と脂性肌を合わせ持った肌質です。

一見すると表面はテカテカしているのに中は乾燥しているという外と中の差が激しくあるという肌なのです。

インナードライと混合肌の違いってなんだろ?

インナードライと混合肌
インナードライと混合肌ってとても悩みの症状が似ていて見分けがつきにくいですよね?
そう思うだろうけど、インナードライと混合肌は似ているようで実は全く異なる大きな違いがあるのよ。

肌の中から乾燥しすぎている状態がインナードライなのです。

混合肌

顔のTゾーンはオイリーなのにUゾーンは乾燥しているという肌の部分、顔の中で肌質が違う部分があるというのが特徴です。

  • 洗顔後部分的につっぱる
  • Tゾーンばかり脂浮きがすごい
  • 季節によって肌質が変わる揺らぎ肌

インナードライ

インナードライは肌の内部が乾燥しすぎており、肌の表面が全体的にオイリーな肌です。

部分的に乾燥している部分やオイリーな部分があるわけではありません。

さわってみるとテカテカしているため、乾燥していないと思いがちですが、実は混合肌よりも乾燥が進んでいます

私はインナードライなの?見分け方は?

インナードライチェック

特にインナードライ肌なのかは分かりづらい肌質です。

肌の表面がテカテカしているため脂性肌と勘違いしてしまっている人も多いのです。

自分の肌質がインナードライなのかわからないという場合はチェックをしてみましょう!
あなたはインナードライ?
  • 表面的にテカテカしたオイリーな状態
  • 洗顔後に肌がつっぱる
  • 洗顔後、時間の経過とともに肌がテカテカになる
  • 脂取り紙などで油分を取り除いても、しばらくしたらまたテカテカ
  • 肌の乾燥を気にしているのになぜかニキビができやすい
  • 肌がくすみがち、触るとごわごわしている

水分量が正常な肌よりも少なく、皮脂量が正常な肌よりも多い状態です。

インナードライは10代、20代だった時にもともとの肌質がオイリー肌だった人がなりやすい肌質です。

30代になってからは若いころのオイリー肌とはちょっと違う…と思ったら、もしかするとインナードライかもしれません。

インナードライの原因は?

原因
でもなんでインナードライになるんでしょうか?

インナードライになってしまう原因は中からの原因と外からの原因があります。

乾燥で水分量が少ない

インナードライの原因はずばり乾燥です。

顔がテカテカしているために皮脂をとるという事を多く行ってしまうために、さらに乾燥してしまうという乾燥が悪化した状態

乾燥している→皮脂が出る→皮脂をオフ→もっと乾燥するという悪循環がうまれてさらに肌を悪化させてしまうのです。

もともとインナードライなわけではなく、外からの刺激によるものが大きいのです。

肌の断面

バリア機能の低下

肌には外からの刺激に負けないように守るためのバリア機能があります。

そのバリア機能が薄くなっていってしまうと、肌自体が弱くなっていってしまいます。

バリア機能

弱くなった肌は水分を逃してしまい、また乾燥が悪化してしまうのです。

エアコンや紫外線の影響

今は暑い時、寒い時どんな季節でもエアコンでの調節が当たり前ですよね。

ということは肌は常にエアコンの風にさらされています

エアコンによる乾燥は1年中あるのです。

確かにエアコンは夏も冬もつけてますね…

また紫外線を浴びすぎた場合も肌は乾燥しています。

インナードライの肌トラブル

インナードライをそのままにしておくと、どのような肌のトラブルがおきるのでしょうか?

実はそのままにしておくと様々な肌のトラブルが起きるのです。

インナードライによる肌トラブル
  • 大人ニキビができてしまう
  • むくみやすい
  • 乾燥によるこじわが増える
  • 毛穴が開いて目立ってくる
  • くすみやすい
  • 肌にハリがなくなる
こんなに肌トラブルが出ちゃうんですか?!
インナードライはそのままにしておくのはあまり良くないの。もし心当たりがあればケアをとりいれていきましょう♪

治していくにはスキンケアから改善を

ちょっとした習慣をかえる

インナードライを治したい場合の改善方法はどういったことでしょうか?

インナードライは皮脂をとりすぎない事保湿の2つをおこなう事が大切です。

保湿が足りていない部分に潤いを与えると水分バランスがよくなり、皮脂腺も正常に戻ります

【1】皮脂を油とり紙でやティッシュで何度もとる

1日の中で油とり紙でやティッシュで皮脂をとることが習慣になっていませんか?

特に油取り紙は吸収力が強いため、皮脂を必要以上にとってしまいます。

肌の表面だけの皮脂をとってくれるだけでなく、毛穴の中から皮脂を奪い去るため乾燥が激しくなります

テカリがどうしても気になる場合は皮脂を油とり紙でなくティッシュでオフしましょう。

中でも花粉症の方が使っているような柔らかいタイプのティッシュでのオフが皮脂をとりすぎずいいですよ!

【2】収れん化粧水、ふきとり化粧水の使用はさける

皮脂が気になるからといってさっぱりタイプの化粧水を選んでいませんか?

皮脂を気にする方は収れん化粧水で毛穴の引き締めをしないきゃ!と思いがちですが、インナードライの場合そのタイプの化粧水は皮脂のとりすぎで乾燥をまねくことに。

  • 収れん化粧水→皮脂の分泌を抑える
  • 拭き取り化粧水→皮脂や汚れをふき取る

このタイプの化粧水はインナードライ肌の方は使用を控えてみましょう!

【3】クレンジングは刺激の弱いものを選ぶ

クレンジングは皮脂をとりすぎ

強力なクレンジングはしっかりとメイク落としてはくれますが、その時に一緒に必要な皮脂までも取り去ってしまいます。

そのため肌を守るバリア機能が薄くなり、肌が乾燥肌になってしまうのです。

強力なクレンジングはとれにくいメイクをした時には必要だけど、毎日だと肌の負担はすごそうですよね。
優しいメイクとクレンジングに切り替えるという見直しをしてみるといいかも♪
トレフル

トレフルは1本でメイクをしっかり落とすのに保湿もしてくれるという優秀なクレンジングです。

優しく肌の汚れを落とすクレンジングなので、肌のバリア機能を守ります。

約500店舗のエステサロンで使われている実力派。乾燥が気になるインナードライの方におすすめです。

【4】皮脂をとりすぎるルースパウダーを選ばない

顔の表面がテカテカしているからといって皮脂をとるタイプのパウダーを使い続けると、肌は乾燥状態に

皮脂を気にしてそういったパウダーを選ぶのではなく、できるだけ乾燥しない保湿してくれるパウダーを使いましょう。

皮脂を奪い去るタイプは使い続けるとこじわの原因になってしまいます。

付けた時の手触りがサラッとしてるパウダーが好きなんですけど、皮脂とりすぎになってしまうんですね…。

【5】化粧水は手でハンドプレス

ハンドプレス

乾燥を防いで確実に肌へ水分を送るためにも、できればハンドプレスで化粧水でケアしましょう。

また会社の昼休みに化粧水スプレーで保湿をしているという方もいるかもしれませんが、化粧水をした後はクリームなどの油分でフタをしないといけなくなります

もしフタをしていない場合は化粧水の蒸発とともに肌の水分も一緒に蒸発してしまいます

【6】美容液やクリームはセラミドなど保湿を重視したアイテムを

インナードライになっている一番の原因は乾燥なので、スキンケアは保湿を重視したヒト型セラミドなどが入っている化粧品を使いましょう。

ヒト型セラミド?

保湿にはヒト型セラミドが入った美容液やクリームを使用すると肌の水分をはさみこんで逃がしません

ヒト型セラミドは元々人間の体内にあるセラミドとほとんど同じ構成のセラミドといわれています。

年齢とともにセラミドは減っていくので、補ってくれるヒト型セラミド配合の化粧品を取り入れていくと肌が潤います。

他にも保湿をしてくれる成分はこちらです。

保湿してくれる成分
  • ヒト型セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • プラセンタエキス

ヒト型セラミドが入っている美容液でのおすすめはこちらです。

お試しセット

セラミドは加齢や生活習慣、強いクレンジングなどで減っていきがちなので化粧品で与えていくのがベスト。

エトヴォスのモイスチャーラインは保湿を重視した2週間分の4点トライアルセットです。

エトヴォスの美容液にはヒト型セラミド以外にヒアルロン酸、天然保湿因子NMFなどの保湿してくれる成分がたっぷり配合されています。

View this post on Instagram

#エトヴォスモイスチャライジングセラム . . . 最近とても気になってたいた美容液♡ シリコン、パラベン、石油系界面活性剤、鉱物油、合成香料、着色料は不使用なところに惹かれました(*˘︶˘*). 敏感肌にも優しいところがいいです✴ . 乳液だから重たいかな?って思ったけどそうでもなくて。 とってもみずみずしいテクスチャーで すぐにお肌がしっとり♡ ラベンダーの香りが苦手でない方は 香りでも癒されると思います( ´ ∇`)ノ✨ . 1日目の効果は毛穴がキュッとなった 感じがしました😲 あくまで気がしただけなので(笑)2週間後とかもっと変わるのかなぁ? . 体質改善とかスキンケアとか、こう毎日続けるってほんと難しい😂 兎に角!無くなるまで続けてみます🐱 . . 久しぶりに腹筋腕立て💪✨体力が…😵 . . #エトヴォス #etovos #モイスチャライジングセラム #セラミド #敏感肌 #乾燥肌 #スキンケアジプシー

A post shared by みるく (@milk9540) on

【7】朝も夜もぬるま湯(30〜35度)洗顔を徹底する

優しい洗顔

熱いお湯は肌の皮脂を奪い去ります

洗顔に熱いお湯が良くないのは知っているかもしれませんが、洗髪でのシャワーが顔に当たるのさえ、顔の肌には良くないのです。

熱いお湯での洗顔をもし続けると、皮脂も一緒に持って行かれてしまうためシワが増えてしまうなどデメリットが多いのです。

そして洗顔はぬるま湯で20回以上はすすぐと肌の汚れがちゃんと落ちます。

【8】朝は石けんを使わないぬるま湯洗顔

朝の洗顔は石けんや洗顔料で洗っていますか?

皮脂が気になるからと朝も石けんや洗顔料を使って顔を洗っていると、乾燥がひどいインナードライの場合、乾燥が悪化します。

できれば朝は石けんを使わないはぬるま湯での洗顔をおすすめします。

乾燥が劇的に改善しますよ!

【9】ピーリングケアやゴマージュは控える

スペシャルケアとしてピーリングやゴマージュをしている場合は必要な時だけ使ようにして、できるだけ控えましょう。

ピーリングやゴマージュは古い角質と皮脂を落とすためのもの。

インナードライの方には皮脂のとりすぎになる可能性があります。

まとめ

インナードライだと気づいた時には早めの対策が必要です。

脂性肌だと思っていたらインナードライだった!という人は何よりも乾燥しないようにしていきましょう。

インナードライ9つの改善方法
  1. 皮脂を油取り紙でとらず優しいティッシュでオフ
  2. 収れん化粧水、ふきとり化粧水の使用はさける
  3. クレンジングは刺激の弱いものを選ぶ
  4. 皮脂をとりすぎるルースパウダーを選ばない
  5. 化粧水は手でハンドプレス
  6. 美容液やクリームはセラミドなど保湿を重視したアイテムを
  7. 朝も夜もぬるま湯(30〜35度)洗顔を徹底する
  8. 朝は石けんを使わないぬるま湯洗顔
  9. ピーリングケアは控える

9つのインナードライ改善方法でした。

どれも毎日の習慣をほんの少し変えてみるだけでできそうですね!
皮脂をとりすぎない事、保湿をちゃんとする事の2点がとっても大切よ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です