エイジングケアに取り入れたい亜麻仁油の肌への効果とは?良い油と悪い油

亜麻仁油

私たちが毎日とっている油はの食生活の中で欠かせない存在です。

ですが油にはとった方がいい良い油とらない方がいい悪い油があります。

食生活の中でどんな油をとっているかという事は老化の速度を左右してしまうほどとても大切です。

りこ
でも油ってなんとなく太ってしまうイメージがありませんか?
ゆり
むしろ体に良い油なら太るどころかアレルギー症状を防いだり、美肌に導いてくれるよ

オメガ3脂肪酸で注目が集まった事で、亜麻仁油が体に良いという事はなんとなく知っている方も多いと思います。

そこで亜麻仁油について詳しく調べてみました

この記事の内容は・・・

  • 亜麻仁油って肌きれいになれるの?
  • 体にとって悪い油って何?

肌だけじゃない体にとって良い油、亜麻仁油の効果についてチェックしてみてくださいね♪

りこ
油って重要なんですね!肌にいいなら知ってみたいかも♪

亜麻仁油とは?

亜麻仁油

亜麻仁油とは植物の亜麻の種子からとれる油です。

亜麻は5000年も前からネイティブアメリカンのチェロキー族にも「最も栄養豊富で病気を治す薬草」として尊重されてきました。

亜麻仁油(フラックスオイル)はオメガ3脂肪酸を60%近く含んだオイルです。

私たちの細胞は約60兆個の細胞からできていて毎日新陳代謝を繰り返しています。

ゆり
その細胞を包んでいるのが細胞膜。

栄養を取り入れたり老廃物を排出する出入り口の役目をしています。

油は太ってしまうイメージが強くて何かと厄介者扱いされがちですが、細胞を包んでいる細胞膜を美しく丈夫にしてくれるのが脂質であるオメガ3脂肪酸なので積極的にとっていった方がいい油なんです。

亜麻仁油は体に良い油

必要なオイル

オメガ3は体内では合成できないので必ず食べ物から摂取しないととることができない必須脂肪酸です。(不飽和脂肪酸)

必須脂肪酸にはオメガ3の他にオメガ6があります。

オメガ3

  • 亜麻仁油(フラックスシードオイル)
  • えごま油
  • 青魚の油(イワシ、さば)
  • チアシード油
  • グリーンナッツ油

オメガ6

  • 紅花油
  • サラダ油
  • ごま油
  • スナック菓子やカップ麺に含まれる油(植物油脂)
  • マヨネーズ
  • ドレッシング
ゆり
最近はオメガ6は加工品やお菓子などどれにでも入っているので、食事から過剰摂取している人が多いといわれています。オメガ6はとりすぎに注意です!

オメガ6脂肪酸はとりすぎるとアレルギーうつ動脈硬化症ガンなどのリスクが高まると言われています。

オメガ6は食品から自然と摂取できていて逆にとりすぎているくらいなのですが、オメガ3は意識してとらないと不足してしまいがちです。

オメガ3をとる事でオメガ6のとりすぎによる害を抑える事ができます。)

オメガ3とオメガ6を1:4の比率でとっていく事が理想といわれています。

ゆり
現代人はオメガ6が多すぎてオメガ3脂肪酸がまったく足りていないといわれています!
りこ
毎日魚を食べているわけじゃないから私足りていないかも…。

亜麻仁油の美肌効果は?

キレイな髪

ではなぜ亜麻仁油が肌に良い効果が期待できるのでしょうか?

私たちの皮膚は目に見える臓器です。

亜麻仁油に豊富に含まれているオメガ3脂肪酸は 肌の新陳代謝を促進してくれるターンオーバーに必要な脂肪酸といわれています。

【オメガ3の効果】

icon-check-square-o 代謝が上がる

icon-check-square-o 女性ホルモンの質を高めてくれる

icon-check-square-o 肌の炎症を防ぐ

icon-check-square-o 肌荒れを防ぐ

icon-check-square-o 肌の酸化を防ぐ

オメガ3脂肪酸をとる事で細胞を包む細胞膜が柔らかくなり女性ホルモンを作る良い原料にもなってくれるんです。

また肌の潤いを保つ細胞間脂質セラミドの原料にもなるんです!

りこ
セラミドなら乾燥が気になるお肌に良さそう♪

亜麻仁油に含まれる成分とは?

りこ
亜麻仁油にはどんな成分が含まれているんでしょうか?

αリノレン酸が多く含まれている

亜麻仁油はαリノレン酸を多く含んでいます

αリノレン酸は体内でDHAやEPAに変換して血液をサラサラにする働きがあります

血液をサラサラにしてくれるので、肌に栄養や酸素いきわたってしっとりするという効果が期待できます。

リグナン

亜麻仁油の入ったボトルの底には茶色いドロっとした液体が固まっています。

飲んだ事がない方はビックリされるかもしれないんですが、それが亜麻仁油に含まれるリグナンといって抗酸化作用のある成分です。

リグナンは女性ホルモンのエストロゲンと同じような働きを持つ物質として機能し、女性のホルモンバランスの維持にも効果が期待できます。

食物繊維

亜麻仁油を飲み始めてからなぜか便通が良くなったという人も多いんです。

それは亜麻仁油に含まれる食物繊維で腸内環境が良くなるため、便秘ぎみだった人が快便になったというわけです。

オメガ3が不足した肌は?

はてな

オメガ3脂肪酸は必須脂肪酸なので、不足してしまうとまず肌に出てくると言われています。

オメガ3脂肪酸が不足すると・・・

  • 湿疹ができる
  • 肌が炎症してニキビができる
  • 乾燥してカサカサになる
  • ひび割れをおこす
りこ
スキンケア頑張っていても、オメガ3が不足するとこんなにも肌の状態が悪くなるんですね…。

亜麻仁油のその他の期待できる効能とは?

必要なオイル
りこ
亜麻仁油をとる事で肌以外でどんな効果が期待できるんでしょ?
オメガ3脂肪酸
  • アレルギー体質改善
  • 脳の機能向上(認知症予防)
  • 生活習慣病予防
  • がん細胞の増殖を抑制
  • 悪玉コレステロールを減らす・中性脂肪を減らす
  • 髪の毛が美しくなる
  • ダイエット効果
  • アトピー性皮膚炎

などたくさんの効果が期待できます。

亜麻仁油はαリノレン酸を多く含んでいて健康にいいので、海外では医師が食事療法に進めるくらいなんだそうです。

亜麻仁油の摂取量

亜麻仁油の1日の摂取量は60%含有の植物オイルだったら、大さじ1杯程度が目安です。

ゆり
スプーン1杯くらいを毎日納豆に入れて混ぜるとおいしいですよ♪

亜麻仁油を効果的な食べ方

肌変わる

亜麻仁油はサプリかオイルそのままのどちらかで摂取します。

サプリではなくオイルのまま食用として摂取するという場合は取扱いに注意が必要です。

  • 酸化しやすいので直射日光を避けて冷蔵保管
  • 容器は遮光瓶であること
  • 開封後は早目に使いきる
  • 生のまま摂取して加熱しない
ゆり
早めに使いきらないと、油が酸化してしまって逆に体に良くない油となってしまいます。

亜麻仁油は非常に酸化しやすいという特徴があります。

できれば毎日継続して摂取する事をおすすめします。

亜麻仁油のおすすめ。表示をチェック!

亜麻仁油は低温圧搾で抽出されたオイルであることがポイントです。

低温圧搾とは熱を加えずに、圧力をかけてオイルを搾り取る方法の事で昔ながらの製造方法です。

表示にコールドプレスと書いていても同じ意味合いです。

おすすめの亜麻仁油を紹介します。

オイルでとる

オメガニュートリション社の亜麻仁油はとても有名で、香ばしい香りがする亜麻仁油です。

この容器は酸化させないために遮光度が高く、ほぼ100%に近いのだとか。

ゆり
サラダにかけたり、納豆に入れたりとそのままとってくださいね!

サプリメントでとる

オイルでそのままは味が気になる・・・という場合や酸化が気になるならサプリメントでとるという方法もあります。

りこ
サプリなら持ち歩きもできちゃう♪

NOW Foods 亜麻仁油 1000mg×250

アメリカ製なので正直サイズは大き目です。

このサプリメントはオメガ3だけでなく、オメガ6、オメガ9がバランスよく入っています。

含有量:オメガ3(1,650 mg)オメガ6(420 mg )オメガ9(570 mg)

フラーガン亜麻仁油&アルガンオイル(100%ピュアオイル)

サプリメント
オーガニック認証

全てがオーガニック栽培の亜麻仁油サプリメント

含まれている亜麻仁油はオーストラリアの認証機関NASAAの認証を受けていて、日本国内製造で新鮮なままカプセル化しています。

また一緒に抗酸化作用のあるビタミンEを含んだアルガンオイルが入っているので、酸化しやすい亜麻仁油でも酸化しにくくなるという安心感があります。

(亜麻仁油はビタミンEとの相性がいいといわれています。)

初回購入75%オフ60粒で1980円で、いつでも解約OKです。

逆に老けさせる悪い油とは?

亜麻仁油は体のためにとっていきたい油ですが、逆に体を老けさせる油とはどんな油でしょうか?

とると肌どころか体にも悪いと言われている油です。

アメリカでは禁止されているトランス脂肪酸

不足した肌

トランス脂肪酸は人間が手を加え人工的な構造をしている油で、細胞膜に取り込まれるとウィルスや細菌が侵入しやすくなります。

ゆり
それによってアレルギー、動脈硬化、がん、認知症のリスクが高まると言われています。

アメリカではすでにトランス脂肪酸の食品への添加は原則禁止されています。

トランス脂肪酸は私たちにとって危険な必要でない油脂ですが、日本では特に規制がありません

トランス脂肪酸が含まれている

  • マーガリン
  • ショートニング
  • 石油系溶剤で抽出された油
ゆり
ショートニングやマーガリンは菓子パンやお菓子にもよく使用されているの。
りこ
エッ!そしたら知らずにいっぱい食べちゃってるって事ですよね。

スーパーで売られている油のほとんどが石油系溶剤で抽出された油(ノルマンヘキサン抽出法)です。

(これらはオメガ6脂肪酸が多く、トランス脂肪酸も多いので注意です。)

本当に体に良い油は昔ながらの製造方法=低温圧搾法で作られた油です。

まとめ

美しくなる

亜麻仁油(オメガ3脂肪酸)の効果はいかがでしたか?

まとめてみると油にはいくつかの種類がありました。

  • 積極的にとっていくべきオイル→オメガ3
  • 摂りすぎない方がいいオイル→オメガ6
  • 口に入れない方がいいオイル→トランス脂肪酸

とるべきオイルをバランスよくとって、老けさせる元凶となるオイルを断つと美しい細胞膜を作ってくれたりホルモンバランスを整えてくれたり肌も変化があらわれたりといい事づくしです。

私たち細胞は3ヶ月ほどで生まれ変わると言われているので、どんな油を体にとり入れるかで老ける速度は変わってきます

ゆり
亜麻仁油選びの参考になれば嬉しいです。

アンチエイジングのためにもできるだけ油を選んでとっていきたいですね!

エゴマ油もαリノレン酸を豊富に含んでいてとても良い油ですが、私はここ数年亜麻仁油の方をとっています。

 

参考文献

著者:守口徹「ホントによく効く油の正しい選び方・使い方」出版社: 日本文芸社

著者:川村賢司「元気になる「油」、病気になる「油」。」出版社: 健康ジャーナル社

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です