美容液は何歳から必要?役割と効果的な使い方を知って美肌になる!

美容液使ってる?

あなたは美容液をスキンケアに取り入れていますか?

美容液」という言葉の響きはなんだか心をときめかせます。

美肌になれるのでは?と女性にとってはとても期待を感じさせるアイテムですよね。

美容液って私に必要なの?必要ならこれから取り入れてみたい!と考え始めたなら、いったいどんな美容液を選べばいいかなどをまとめています。

美容液の疑問
  • 美容液にはどんな役割があるの?
  • 美容液の種類は?
  • 美容液は何歳から使うの?
  • 美容液を塗るタイミングと順番は?
  • 美容液の効果的な使い方とNGな使い方は?
美容液が気になり始めたら、ぜひ参考にしてくださいね!

美容液の役割って?私に必要なの?

そもそも化粧品の中で美容液にはどんな役割があるんでしょうか?

美容液には水分補給や油分補給とは別の役割があります。

”美容液”の役割とは?
  • 肌を活性化する
  • ハリを与える
  • キメを整える
  • メラニンを鎮静させる
  • シワやたるみを緩和する
  • 肌を美白する
などなど美容液にはこのようにいわゆるお肌の救世主のような役割がありますよ♪

美容液には保湿成分や美白成分など肌への有効成分が高濃度で含まれています

スキンケアの中でも肌に栄養を与えてくれるとっても重要な存在です。

肌を元気にしたい!という人にとって美容液は必要な化粧品なのです。

美容液は何歳くらいから必要なの?

何歳から?

今まで美容液をつけた事がないという方は、いつか私も美容液をつける時がくるのかな?くらいに考えているのかもしれません。

ではいったい一般的に美容液は何歳くらいからスキンケアにとりいれていくのが正しいのでしょうか?

実は美容液をつけ始めるだいたいの年齢層は決まっているわけではありません

肌の調子があまり良くないと感じたならそれに合わせた美容液をとりいれてみましょう。

いつから使い始めてもいいのが美容液です。

肌の状態に合わせて必要と感じた時が美容液を使いだす時ですよ♪

アンチエイジングを意識するなら20代後半から使いたい

20代後半くらいはまだまだお肌のトラブルも特に気にしていない方が多いかもしれないですよね。

ですが、実はお肌のコラーゲンはそのくらいの年齢から減っていきます。

20代後半頃で美容液を使いだすのはまだ早いんじゃ?と思ってしまいがちですが、実はアンチエイジングに特化した美容液はお肌に危機感を感じる前から使いだすと、お肌の老化予防につながります。

いつかくるエイジングに向けての予防を意識して美容液を早い段階からスキンケアに取り入れてみてもいいかもしれません。

先を見越して、先手必勝ですよ!

美容液の種類は?私に必要なのはどんな美容液?

肌の悩みは?

美容液と一言でいってもいろいろな種類が出ています。

では美容液にはどんな種類があるのでしょうか?

また美容液を選ぶときにまずチェックするのはどういった事なのでしょうか?

あなたのお肌の悩みに合った美容液を選ぶためにまず美容液の有効成分を確認しましょう!

1.乾燥が気になるなら保湿美容液

乾燥が気になるという方は保湿を重視した美容液がおすすめです。

保湿=化粧水と思ってしまいがちですが、実は大切なのは水分を離さない保湿成分は入っていること。

保湿美容液に含まれている代表的な保湿成分を確認しましょう。

保湿に優れた成分
  • ヒト型セラミド
  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン

2.肌に透明感を与えたい!美白美容液

最近肌がどんよりしている、くすみ抜けしたいというなら美白美容液をセレクトしてみましょう。

美白美容液といっても美白してくれそうなイメージのパッケージで選ぶのではなく、美白に効果があるといわれている成分が入っている事が重要です。

代表的な美白成分
  • ビタミンC誘導体
  • アルブチン
  • カモミラET

3.肌を元気にさせるアンチエイジング美容液

肌を元気にさせたい年齢肌や、これからの肌のエイジングケアのためにも使っていきたいのがアンチエイジングを意識した美容液です。

ハリや弾力を与えてくれる成分などが入っている事がポイント。

アンチエイジング美容液にはこんな成分
  • レチノール
  • ナイアシン
  • EGF
  • プラセンタ

しわ用の美容液などもアンチエイジング美容液になります。

またオーガニック化粧品の美容液も植物の力で肌を根本から元気にしてくれるアンチエイジング美容液といえます。

今の自分のお肌の悩みに合わせて美容液を選んでいきましょう!

美容液はいつ塗るの?タイミングは?

美容液の順番

美容液はスキンケアの中でいったいどのタイミングでつけるのが正しいのでしょうか?

美容液をスキンケアに取り入れるタイミングは基本的に化粧水の後です。

美容液を塗った後にクリームなどの油分の多いアイテムでフタをするのが一般的な使い方です。

柔らかい質感→固い質感の化粧品の順番が昔から言われている基本的なスキンケアの手順です。
スキンケア
一般的なスキンケアの順番
  1. クレンジング→メイクを浮かせる
  2. 洗顔→メイクを洗い流す
  3. 化粧水→肌に水分を入れる
  4. 美容液→肌に栄養を与える
  5. クリーム(乳液)→フタをする

油分の多いクリームなどを先に塗ってしまった場合はオイルがはじいて美容液が浸透しにくくなります

せっかくの美容成分をお肌へ浸透させるためにも油分の多い化粧品の前に取り入れるようにしましょう!

ですが、種類によってつけかる順番がが変わる場合があります。

それは美容液を先につけるタイプの先行型美容液です。

先行型美容液は洗顔後、つけるのは美容液②化粧水③クリームという順番になります。

使う美容液によって順番が異なる場合があるので、最大限に美容液の効果を得るためにも使い方のチェックを忘れずに!

素肌の持つ力を底上げする美容液の効果的な使い方

美容液の正しい使い方

美容液の力を最大限に生かすためには正しい使い方が重要です。

では美容液の正しい使い方とはいったいどんな使い方でしょうか?

美容液の正しい塗り方
  1. まずは美容液を適量とる
  2. 顔全体にまんべんなくつける
  3. 顔の中心から外側へ、下から上へなじませる
  4. 紫外線を浴びやすい頬の高い部分には美容液の重ね付けをする
  5. 仕上げは手のひらで温めながら浸透させる(優しくハンドプレス)

ですが、正しい美容液の使い方をしていても、肌に角質がたまってしまっている「角質肥厚」の状態に肌がなっていると美容液がうまく浸透しません

まずは角質をとるピーリングなどのケアをしてから美容液を浸透させると効果的ですよ♪

美容液のNGな使い方とは?

損な使い方

美容液をせっかくスキンケアにとりいれているのに、肌に上手に浸透させる事ができない塗り方していませんか?

塗り方を間違ってしまうと効果が感じられずに、逆に美容液のコスパが悪くなってしまうなんてことも…。

それはやっぱりさけたいですよね。

それではとっても損する美容液のNGな塗り方をチェックしていきましょう!

それとってももったいない塗り方ですよ!

美容液の量は適量を守ろう!

美容液は栄養価が高いためか少し小さい容器に入っている事がほとんどです。

たっぷり使うのはどこか気がひけるような気持ちになりますが、説明書に書いている量をつけることで初めて効果が得られるように作られています。

という事はあまりに量が少ないと美容成分の効果を得る事ができずにとても損をしてしまいます。

美容液は決められた量を使うようにしましょう!

チビチビ使うと逆に損しちゃうって事ですね!適量をチェック♪

美容液は顔全体に塗ろう!

美容液は顔全体

美白用の美容液だからシミが気になる部分だけでいいや…と部分的に美容液を塗っていませんか?

美容液の中でも美白美容液やアンチエイジングに特化した美容液は毎日の予防用のスキンケアです。

気になる所だけに部分的に塗っていてはせっかくの予防ができずにやっぱり損をしてしまいます。

ピンポイントに使っていては効果が得られずに逆にコスパが悪くなってしまうんですね…

オイリー肌の人は油分の多い美容液を塗りすぎないで

肌が比較的オイリーな人は美容液が油分の多いタイプをテカりやすいTゾーンにつけすぎると皮脂がつまりやすくなってしまいます。

そうなると大人ニキビなどの肌トラブルをおこしてしまう可能性があります。

オイリー肌の人は肌へ油分を与えすぎる事に注意が大切です。

TゾーンはさけてUゾーンだけに塗るなど調整していきましょう!

肌荒れしてるなら美容液より引き算のスキンケアを!

肌あれには引き算

肌荒れをおこしている場合は肌が弱っている証拠。

もしかすると肌のバリア機能が薄くなってしまっているのかもしれません。

そんな時は与えるスキンケアではなくあえて化粧水と乳液のみなど引き算のスキンケアの方が肌にとっては負担にならずにすみます。

肌のバリア機能を回復させるためにもクレンジングの見直しをするなども大切です。

美容液は基本的に栄養を与えるアイテムです。

栄養を与える美容液は肌のコンディションを見ながら取り入れていきましょう。

複数の美容液の重ね付けはよくない

美容液いっぱい使う

しわも気になるけど、美白もしたい…などキレイになりたい願望はつきないものですよね。

用途の違う美容液をあれもこれもとつけたい!という気持ちはわかりますが、基本的に美容液は一度に一種類でOKです。

もし複数の美容液を使うのであれば、油分の多い美容液はできるだけ後につけるようにしましょう。

もしくは朝晩での使い分けがおすすめです。

夜はこってりとしたテクスチャー、朝はさっぱりめの美容液を使うなど用途や効果によって使い分けしましょう。

まとめ

美容液使ったら?

美容液は化粧品の中でも各メーカーがもっとも力を入れているといってもいいくらい進歩がめまぐるしいアイテムです。

まさに最新の技術が詰まっているといってもいいほど、美容液は効果がもっとも期待できる化粧品でもあります。

という事は美容液をスキンケアに取り入れると肌の悩みの解決に大きな期待ができるという事になりますね!

今まで使った事がなかった人も自分の肌の状態に合わせた美容液を正しい使い方でスキンケアに取り入れてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です